年収1000万円の仕事をやめてまでデイトレーダーに転身!この判断は転落人生への入口なのかはたまた成功への入口なのか。日々の結果を晒してプレッシャーをかけて株での成功を目指します。 安心してください 今も専業ですよ!
http://kabutrade1.blog76.fc2.com/
admin
 

カウンター

フリーエリア

プロフィール

D

Author:D
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
遅くなりましたが皆様あけましておめでとうございます!
今年も毎日トレード結果と反省を書いていきますので応援よろしくお願いします><
そしてみなさんトレード頑張っていきましょう♪

アメリカさんや日経先物やばくて明日はイヤな予感しかしないですが、
明日からまた相場が始まるということで楽しみでもあります♪

てな感じで気持ちはもう1月のトレードに向いてしまっているのですが、
「書く」と書いてしまったしトレード感覚を思い出しておく意味でも1月いきなり大負けしないためという意味でも、
12月の勝因分析を書いておこうと思います。


相場がよかった、IPO多数でやりやすかった(もともとIPO得意というのもあります)
この2点が大変大きいのは間違いないですが、
負けたときに相場のせいにせず自分自身に原因を見つけて成長するのと同じように、
勝ったときにも運がよかったとか相場がよかったで済まさずに、自分自身にもその要因を見つけて
大事なものを見つけたりレベルアップにつなげていけたらと思います。


12月の自分自身の勝因のポイントを書いていきます

①余力が増えて余裕を持ったスイングホールドができるようになった
いつもはスイング目線でインしたりホールドすることをダメなこととしてきましたが、
それは「下がってきたところでスイング目線を辞めて効率よさそうなものに乗り換える」という行動に出てしまうからでした。
買うときや上がってる最中はスイング目線で、下がってきた局面(押し目)で効率重視のデイ目線で売るというアホな行動です
それは余力が少ない以上しかたないというか必然でありました。それゆえスイング目線自体を撲滅する必要がありました
しかし余力が増えて複数銘柄を持ち続けられる余裕が出たことにより、一番ひどいところで売ってしまうというのがかなり減りました

②ストップ高持越し
これは②としましたが実は①の続きです
余力が少ないうちは1銘柄に半力~全力突っ込むことが多く、
デイ目線でやれてるときほどストップ高持越しなんてまずありえませんでした。
一番顕著な例が12月5日のサイバーステップです。
ストップ高持越しの一番熱いパターンは9時台張り付きで一度も剥がれずのパターンだと思っていますが、
5日のサイバーステップはまさにそうでした。
しかしいいところで乗れていたためストップ高手前~ストップ高で10%ぐらいの利確で満足して全て売ってしまいました。
サイバーステップは結局9時台で張り付いたまま剥がれず、その後3日連続寄らずストップ高、寄ったのは売ったほぼ倍値でした。

張り付いても後場剥がれることもあるし余力を拘束された上に張り付き持越しできない可能性を考えると、
利確をして10時以降のための余力を作るほうが得策ということです。
サイバーステップのときに限らず、余力が少ないときは前場早い張り付きをホールドすることはほぼありませんでした。
ということは9時台ですでに値上がりしているものをストップ高狙いで買うということもまずありえません。
なので余力が少ないころなら12月20日のオウチーノや24日のメディアドゥの持越しもありえませんでした。


ここまでをまとめると、余力が増えたことにより押し目で売ってしまうことが少なくなった&ストップ高持越しが多くなった
という感じで、好相場のいいタイミングで余力が増えたことがうまく噛み合ったと思います


③取引回数の多さをキープ
今年前半資金が増えたときは、1銘柄にぶっこむ資金がどんどん増えてしまった結果①のような「余力を作るために押し目で大損切り」が多かったですし、それに加え利確をマメにできなくなったことにより取引回数が大きく減ってしまいました。⇒利確せずに損切り(しかも大損切り)という必然負けトレードが非常に多かった
上記のこと含め、取引回数の減少が俺にとって致命傷だと確信したのは8月中旬のことでした。
さらに詳しい根拠などはこの記事で・・・↓(時間がある方はお読みください)
http://kabutrade1.blog76.fc2.com/blog-date-201308-10.html
その後取引回数を多くすることを意識し続けた結果、その習慣を体に染みつけることに成功し、
トレードを格段に向上できたと思います。
そしてそれを余力が増えた12月も継続できたことが大きな勝因の1つだったと思います。
特に大納会はそれを実感できた1日になりました。
上記の記事の続きにもなりますが、月別の「1日あたりのトレード数」を載せます
1月 14.9回 
2月 11.0回 
3月 15.3回 
4月 12.3回 
5月 11.0回 
6月 9.9回  
7月 10.8回
8月前半 7.5回
8月後半 14.5回
9月 15.5回
10月 19.0回
11月 17.1回
12月 25.8回

持越しもトレード回数に含めているので多くなっている面もありますが、
それを度外視しても12月のトレード回数は明らかに多かったです。
細かい利益損失を気にせずガンガン利確損切り⇒次インという流れを貫けたと思います。



12月の勝因分析はこんなところです。



最初に書いたように12月はIPOも多く地合いもよかったので、
1月以降コケないためにも、そして12月のトレード経験を活かすためにも、
最後に今後気を付けるポイントだけ書いてみようと思います

①増えた余力で1銘柄ぶっこみの衝動に絶対負けないこと
勝因の3つ全てが「余力が増えても1銘柄ごとへのぶっこみ額を抑制できている」という大前提があるからこそ実現できたことです。これだけは絶対に破ってはいけないポイントです

②暴落相場で大打撃を食らわないこと
12月は地合いの良さを読んで敢えて多くの銘柄に入り余力をフルに使っていたつもりですが、
年が明けたら持越しは厳選して少なくしていこうと決めていましたがそれをしっかり守っていくことが課題になりそうです。1銘柄ごとへのぶっこみだけでなく、地合いを警戒して全体のポジション量もしっかり抑制していかなくてはということですね。




長くなりましたがこんな感じです!
今日しっかり振り返れたことを明日以降活かしていきたいです
アメリカの動きで明日はほんとイヤな予感しかしないですが、負けスタートでも取り返そうとせずに安定したメンタルでやりぬきます!
最悪大納会での勝ち分吐き出すくらいの覚悟はできていますw
スポンサーサイト
 
Category: デイトレ結果
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 脱サラ!ニートデイトレーダーが株で生きる!日々のデイトレ結果公開ブログ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。